FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

清純女子大生ハメ撮り体験記(その8)

アイコアイコ/20才/学生

 彼女を相手にこれ以上苛めるのは可哀想だと感じました。すぐに片足を担ぎ上げ、トドメの姿勢に入ります。

 いっそうキツく締め上げてきた肉壁に負けじとグイグイ腰を突き入れていきます。既に絶息寸前だった彼女は、ほどなくアクメを貪り始めました。

「アアッ、アアーッ!!」

 か細い腰がフワリと浮き上がって空中をユラユラと。飛んで逃げないようしっかりと抱えて最後まで腰を送り込みます。やがて、ブリッジしていた身体がドッサリとベッドに落ちました。

「逝ったのかい?」

「・・・うん」

 発作がおさまるまでしばらく待って、再びピストンを開始。今度はこちらのフィニッシュです。華奢な体をくの字に折り曲げさせ、上からズブリズブリと深刺しを繰り返しました。

「ま、また、アアーッ!」

 二度目の絶叫が上がりました。彼女を続けざまのアクメに引き摺り込みながら放出開始。華奢な肩口を握り締め、一滴残らず注ぎ込みました。(終)

スポンサーサイト
[PR]

清純女子大生ハメ撮り体験記(その7)

アイコ アイコ/20才/学生

 ゆっくりと、腰を繰り出し始めました。とたんに彼女の口から「はうぅ」と息を飲むような声が漏れました。眉間にクッキリと縦皺を刻んだ表情はひどく悩ましいものです。ソロリソロリと抜き差しすると、ますます表情が険しくなっていきました。この少女と繋がっているんだという実感がじんわり胸の内に込み上げてきました。

 しばらくすると、彼女が下半身を焦れったそうにグラッとひと揺すりしました。そこで、もう加減は不要と本格的なストロークを開始しました。

「アッ、アッ、アッ」

 滑らかに流れ始めた喘ぎ声は、小鳥のさえずりのように可愛らしいものでした。それが、腰使いに合わせてだんだんと大きくなっていきます。反応ぶりが、性格と全く同じでとても素直でした。ズンズンと腰を送り込むほどに真っ直ぐ上り詰めていきます。おかげでアクメをコントロールしやすい。ギリギリのところで行ったり来たりを繰り返し、屈服したセリフを誘いました。

「アアン、い、意地悪しないで!」

「うん?何のことだい」

「いかせて、いかせて!」

そうとう切羽詰まっているらしく、まるで聞き分けの無い駄々っ子のような悶えようです。額には汗がビッショリ。可愛らしい顔が今にも泣き出しそうなしかめっ面になってしまいました。(その8へ続く)

清純女子大生ハメ撮り体験記(その6)

アイコ アイコ/20才/学生

 下半身の震えが止まらないうちに正常位で組み敷きました。官能の溶け始めた女体に休みを与えてはいけません。

「さあ、入れるよ」

「う、うん・・・、ンッ!ンーッ・・・」

 切っ先を突き込むと、喉を引き絞るような呻き声が漏れました。濡れ具合は十分ですが、締め付けが凄まじい。なので内壁を傷つけやしないかとちょっと心配になって、「痛くない?」と何度も聞きながら慎重に根元まで埋没させて行きました。

「全部入ったよ。大丈夫?」

「うん・・・」

 しっかりと目を瞑ったまま彼女は答えました。しばし、ジッとしたまま締まり具合を堪能します。自然と内壁がピクッピクッとひきつって肉竿に絡みついてくるのが新鮮な感触でした。そのあまりの活きの良さに感動さえ覚えて、なかなか腰を使う気になれないほどでした。(その7へ続く)


清純女子大生ハメ撮り体験記(その5)

アイコ アイコ/20才/学生

 たまらずそのままクンニしました。紅く充血した肉芽へ吸い付くと、とたんに鋭い反応が返ってきました。

「あぅっ!」

 下半身が派手にビクンと。敏感な体質にしても、ちょっと度を超えている感じです。バスルームでイチャつきが過ぎたのかもしれません。じっくりと舐めようと思っていましたが、たちまちのうち、身体が大きく仰け反りました。

「イヤッ、イヤッ!・・・・アアーンッ!」

 太腿が強烈な力で頭を挟み込んできます。清楚な彼女でもこのときばかりは自制が利かないようでした。こっちが窒息しそうになっているのもまるでお構いなしです。頭の戒めが解かれるのに、しばしの時間を要しました。(その6へ続く)

清純女子大生ハメ撮り体験記(その4)

アイコ アイコ/20才/学生

 そこへすかさず覆い被さりました。優しく唇を重ね、徐々にディープキスへと移行していきます。すると、彼女はキスに弱いらしく、のぼせて弛緩したボディからますます力が抜けていきました。チャンスとばかりに下半身に取り付いて、太腿をグイッと押し開きました。

「ああん、見ないで」

悲鳴はあげるものの、彼女はもはやされるがままの状態でした。イヤイヤと僅かに蠢く細腰をしっかりと押さえ付け、まる晒しになった秘苑をじっくりと観察しました。

 陰毛は濃い目ですが、ちゃんと手入れています。その下方、ややシモツキな性器自体は全体に色味が淡く、陰唇も薄めでいかにも上品な造形です。若々しさは当然としても、清楚な彼女のイメージにピッタリな美マンといったところでした。指でソッと押し開くと、内壁は鮮やかなピンク色で、奥からドロッと蜜が漏れ出しました。(その5へ続く)

清純女子大生ハメ撮り体験記(その3)

アイコ アイコ/20才/学生

 フェラテクそのものはかなりつたないものでした。でも、精一杯ディープスロートしてくれるのが嬉しい。深く咥えたほうが男にとって気持ちいいということをちゃんと理解しているようでした。ときおりむせ返りそうになるのを必死に堪える姿はちょっと痛々しいくらいでしたが、本当に性格の良い娘なんだなと思いました。


 フェラチオタイムの後、お返しに軽く彼女の身体をお触りしました。ボディーと良くバランスの取れた可愛らしい乳房を手に取ると、思った以上に柔らかくてつい本格的にモミモミ。おかげで、バスルームで過ごす時間が長くなってしまいました。ようやくベッドルームへ戻ると彼女はすっかりのぼせたようで、ベッドの上へ転がり込んでしまいました。(その4へ続く)

清純女子大生ハメ撮り体験記(その2)

アイコ アイコ/20才/学生

 待ち合わせ場所からファミレスに入って軽く食事。その後、カラオケで一時間ほど歌ってからラブホテルへ。性格が素直というか、人を疑うことを知らないようです。こちらから「ホテルに入ったら何されるかわからないよ?」と助言したくなるくらい。デジカメ撮影にしたって、さすがにちょっとためらったものの「悪いことに使ったりしないから、大丈夫だよ」の一言に押されて結局はOK。脱いでいくうちにだんだんとノッてきた彼女は自ら色々なポーズまでしてみせてくれました。チャットで一ヶ月間の付き合いがあるとはいえ赤の他人なんだからもう少し警戒したほうが良いんじゃないかと、小さな画面越しに彼女を見ながら思っていました。

 とはいえ結局は、彼女の純真な心に漬け込んだわけです。ひとおおり撮影が終わると、ちょうど全裸になった彼女をそのままバスルームに連れ込んでいきなり一緒のシャワータイム。そこで調子に乗ってフェラまで要求しました。それも、仁王立ちフェラです。断って当然といえる暴挙ですが彼女は、冷たいタイルに膝をつき、おずおずとチ×ポを口に含みました。(その3へ続く)

清純女子大生ハメ撮り体験記(その1)

アイコ

 アイコ/20才/学生

 とあるアダルトサイトのツーショットチャットで知り合った女の子。実際に会うまでにメールとチャットのやり取りが一ヶ月ほど続きました。その間、写メなどの画像は一切見せてくれなかったのでルックス的にどうなのかと若干の不安がありました。

 でも、会ってみれば細身でかなり可愛い系です。それも、ロングの黒髪がよく似合う正統派美少女。こんなコだと最初からとわかっていれば、メールもチャットももっとちゃんと対応したのにというところでした。(その2へ続く)


このエリアはトップページ以外のページに表示されます
| ホーム |
Google Page Rank Checkerフィードメーター - 出会い系体験談
  • SEO対策 
  • _ 
  • _ 
  •  
  •  
  • seo
Yahooボットチェッカー powered by 
 Yahoo! ロボットチェッカー
 Googleボットチェッカー powered by
 Google Japan Bot チェッカー Msnボットチェッカー powered by  MSN ボットチェッカー スカウター : 出会い系体験談 無料アダルト検索 出会い
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。